レディの生習慣目的と詳細

gahag-0047106391-1


帰宅後、ソファに直行すると、立ち上がるのが億劫になりがち。


疲れがピターに達している時時などは、


着替えも済ませないままソファでウトウト・・・・・・


なんてこともあるかもしれません。


帰ったら、腰を下ろす前にに次の7つのことを順番に済ませていきましょう。


そうすれば、部屋が散らかったりせず、翌朝の出動時にも慌てずに済みます。


l・一日頑張ったお気入りの靴は、脱ぎっぱしにせず、すぐに下駄箱へ。


ついでに明日履く靴をを出して、靴からコーディネートをを考ええても◎。


靴に合わせせて明日のコーデを一緒に出してしまいましょう。


2・部屋の中に「バッグ置き場」を決めておき、バッッグはその場所へIN


3・コートやジャケッットなどアウターはハンガーにかける。


  椅子などに置がない。


4・アクセサリーは、アクセサリーボックスなど決まった場所に戻す。


5・部屋着に着替え、脱いだ服はしまうものと洗うものに分別し、


  しまうものはクローゼットへ。洗うものは洗濯カゴに投入。


6・メイクを落とす。どんなに疲れていてもクレンジングを忘れないように、


 その日のテンションで使い分けられるよう、数種類を常備しておく。


7・目に見ええるゴミなど(我が家の場合は愛猫の毛が散っているので)拾う。


私はこの一連の作業を終えてから、ソファに腰かけてテレビをつけています。


こう書くとずいぶんややることが多いように感じられますが、


これらら7つを一つの流れにすると、ものの数分で終わります。

まずは、一週間続けてみてください。


習慣にしてしまえば、何もせずにソファに直行することの方がむしろ


居居心地地悪く感じるようになるはずです。


つづく


見ていただいてありがとうございます。


次回は、アクセサリーは、「長さ」「大きさ」「重さ」で分別


をおとどけします。




初回は77%OFFの907円でお得に購入ができ、

定期縛りの回数もなくて気軽に始めることができます!