Tag:くじら

127


裹切られたら


こんな行動に打って出る


女をネチネチ責める男


相手の女を悪役にする女


男が浮気を疑う時


とにかく相手の男に


負けたのが悔しい


女性のわずかな気付かないことが多いため、勘は鈍いが、浮気を疑うと、

「浮気している
?」「あいつの子と好きなのか?」などと、本人に、単刀直入に問いただす。

浮気が発覚すると、相手の男に「負けた」と感じるため、女性をネチネチと正論で責め、攻撃する。


そうデモしないと、残ったわずかなプライドを保つことができない。



女が浮気を疑う時


浮気を疑うと


女探偵と化す


勘が鋭く、相手の男性をあやしいと思った時ほど間接的な質問をする。


発言内容に不自然なところがないか。


話の細部までチェクするか、勘ぐり過ぎて矢敗することも。


女性が気にするのは、男性の愛情の行方。


浮気発覚後女性の攻撃対象は浮気相手にロックオン。


「あの女にたぶらかれたのね」と、男性を擁さえする。


これは、「自分は劣らない。


彼に魔か差しただけ」と、心を守るため。



男性が気にするのは、肉体関係があったかどうか。


こんかいのまとめ。

1か月は頭の中を


いじらないで


ほっとする時間作りを


根掘り葉掘り聞かずに、きちんと宣言です。


「浮気は私への裹切り行為だから許さい。


やるんだったら、絶対に100%バレないようにやれ。


1%でもバレたなら別れる」。


はっきり言われ、言い訳もできない様子から、大事に至る可能性を男性は理解するはず。



さて、彼()の浮気の後の女性のケアですが、

脳内に一気に押し寄せる洪水のような言葉に気が狂いそうになるはずです・・・・・


「女性として見られてない」「約束をやぶられた」「相手はどんな女性なの?」などなど。


この声を静め、自分へのダメージをケアーし、相手への怒りを治める方法なんてそう簡単に

見つからなく、心の傷は簡巣には癒えるものではありません。



この際、悲しみに身を委ね、1ヶ月ほどしっかり落ち込みましょう。


この状況を俯瞰したり、歖舞する必要はないです。



結婚相手候補1

ONOFFはこう使い分ける



男のONOFF


家では何もしたくない男


家でもイライラしていまう女


男の人生―仕事=何もない


基本的に、学校を出て就職後は働くだけのが男性の人生。


貪欲に出世を追い求め、年収を増やし、肩書きを得ることで達成感を得る。


もちろん、家庭も大切だが、大事な家族を養うためにも、仕事で失敗するわけにはいかない。


つまり、仕事は男性のすベてなのだ。


その反動から、家では、完なリラックス状態の指示待ち人間なので、

提案やお願いをしない限りは動かない。



女のONOFF


イライラの原因はストレスの種の多さゆえ


洗濯しながら食事を作り、横目でワイドショーチェックなん手の物。


物事の些細な変化に気き、大切な家族の健康状態に気を配るのは、子育てに必要な本能である。


ただ、その情報量の多さゆえに决断が遅くなってしまうことも。


家の中でイライラするのは、様々なことが目につき、ストレスの種が絶えないからだが、

これこそが、男性をげんなりさせる原因であることを心得なければならない。





main21-1024x682


まずは男性のノりに合わせて場を盛り上げよう
i


個人プレイよりチームでの勝利に価値を見いだす男性は、時に出いの場である合コンでも、

完全宴会部長役に徹することがあります。


その場をひたすら盛り上げるために率先してゲームを仕切り、

「こいつ、こんなことやってたんだよー」と男性芸人のかふせトークさながら、

学生時代の飲み会のように賬やかな場にしてしまうことがあるのです。


女性陣にも「そのノリについてきてくれ」と言わんばかりですが、

女性はそんな子供じみたことばどうてもよく、限られた時間の中で、

いかにより多くの男性と会話をし、

その中からお気に入りの男性を見つけて、次のデートにつなげられるか、

ということに神経を集中させたいわけです。


もし、こういった合コンになってしまったら、急がば回れです()


ゲームの12つやってノってあげで、大いに盛り上がってあげましょう。


そして


キリの良いところで女性が2名でつるんでお手洗いに行きます。


ゲームができます。


仕方なく会話する空気になったところで、お手洗いから戻ってきたらすかさず


「ちょっと席替えしてみない?」と場の空気を変えてしまいましょう。


そこから、トークをするチャンスをつくり、相手の性格や趣味を見つけ出すのがいいでしょう。


「つまんない」という態度をあらわにして、その場の空気が涷るより、

上手に振る舞って嫌味なく目的を達成する方が賢い女性ですよ。


↑このページのトップヘ