Tag:心理

親子関係・2

結婚後の男の行き方


釣った魚にエサはやらない


結婚後しばらくは、遊びたい欲求でいっぱいの男性は、


その後、仕事や家庭の中での安定を求める。


壮年期にすると物欲が消滅して名誉欲、家族や時間が重要になる。


妻には良妻賢母を求める。


家事と育児をおろそかにしたり、夫も手伝うのは当然、とう態度が出過ぎると不快感を抱く。


馴れ合ってくると、夫婦関係のメンテナンスを怠りがちなのは、

自分を決して裏切らないだろう、というおもいあがり。



「役割」が年代別に変化する女



結婚後の女の生方

妻になり、母になり、女になる


結婚式を境に現実モードに突入。


子供を始め家族が第一で、金銭面もシビアに。


出産直後は、ホルモンの関係で完全に「母」化し、セックスレスになりやすい。


しかし、それは子供がある程度大きくなるまでのことで多少、手が離れれば、昔と同じように、

恋人投いて欲しいのが女心です。


いくつになっても「女」で痛いので、夫から母親役を求められ続けると、うんざりしてしまう。


元ホスト・六実です。



恋愛は、人生の通り道、60歳の人生を振り返って見る・男と女!


アドバイスになれば幸いです。


あなたの幸せを願って!


この記事がヒントになり男の心と女心のすれ違いが

理解できて愛いつつましくなっていただければ幸いです。


そして、男女のすれ違いを理解し、あらたなる幸せをとねがっております。



386×239




恋愛音声・コラム・好きな異性ってどんなタイプ?


みんに好れる女が好な男


自分だけのイイ男を探す女


周りの評価で「いい女と付き合ってる」と確信


いわゆる、いい女を恋人にして、オスとしての強さを誇下男性にとっては、

周りりからうやまれるかどうかが女性選びの基準。



そのため男性からモテル女性というのは、同じようなタイプであることが多い。


また、処女性に価値をじ、経験の浅い女性をリードしたいと思っている。


女性にとって「初めての男」にはりたがるのは、前の男に比べられるを避けるためでもある。





父親に相応しい遺伝子的に優れた男を選ぶ



恋愛の延長線上に、結婚というゴールを見据えている女性が求めるのは、

洗練され、成功した大人の男・



恋愛二現実的であり、恋人選びの条件も、年を経るごとに複雑になっていく。



収入、将来性、父親の適性以外にも、自分に合う相手を嗅覚で見分けるため、



女性からモテルる男性のタイプは細分化する。



また、自分への関心度や優しさも重要であるため、特別扱いや熱烈アプローチに弱い。




不動の地位を獲得したいなら「「あなたはオンリーワン」を常にアピール!



女性はいくつになっても交際相手には「愛情表現」を求めます。



「好きだよ」「会いたいよ」という言葉や、

「遅くまで仕事して身体はしんどくないか
?無理するなよ」というように、愛されている、

という感覚をいつも感じていたいのです。



一方、男性は「忠誠心」と「自分のぺースで付き合える女性」を求めます。



だから、単純に好きという表現よりも、「あなたが一番なの」と自分が最優先されている感じが好み。



だから、

「こいつは俺に会うと喜んでくれる。俺ってあいつにとって唯一無二の存在なんだなー」と

感じると満足するのです。



たとえは良くないですが、ご主人様を見つけたぺットのワンちゃんが

しきり二尻尾を振っている様子を飼い主が「可愛い〜」と思う感覚です。



自分の存在が相手の機嫌を良くしているということが男性にとっては驚きであり、

自信にもつながるのです。



その次に、友達から「良い彼女じゃん」と認められることも重要と考えます。




キレイな女性を連れていると注目はされますが、それは最初だけ。



友達にしてみれば、外見よりも、その女性がどれだけ相手のことを頁剣に想っているかが重要。



愛情の深さを知ると「あんな良い子泣かすなよ」と言い出し、


男友達たちはみんな女性の味方につきます。




その位置をゲットしてしまえば、結婚も視野に入れる関係へとつながっていきやすくなりますよ。



↑このページのトップヘ